葵の花

| | コメント(2)

梅雨明け目前ですが、朝からとても蒸し暑い一日でした。そんな今日、朝8時に神社に集合し餅つきをしました。"あほかいな!"と思われるでしょうが13日に控える天王祭の供え物の鏡餅を仲間八人とつきました。全部で四臼つきましたが、少し早めの土用餅は健康の元とばかりダイコ下ろしでおすそ分けにも預かりました。正月を控えた暮れの餅つきと違い、大変な暑さの中、つくのも大変、こねるのも大変でしたが、庭の片隅では直径20センチもある真っ白な葵の花が"ハァ、ハァ、ハァ"と笑っていました。 aoi.JPG

コメント(2)

橋本さん。
真夏のお餅つきとは、ご苦労様でしたね!
神社での恒例行事ですか?
私は、能登方面を旅して、まだ「加賀屋ぼけ」しているので
未だに、夢心地ですが、例会出席でやっと現実に戻りました。
写真の説明についての、ご説明、ありがとうございました。

橋本さん
真夏の御餅つき、ご苦労様でした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、橋本秀昌が2008年7月11日 15:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブリテン編集・印刷ありがとうございます。」です。

次のブログ記事は「朝のバイク散歩。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12