やっと咲いた鷺草の写真です。

| | コメント(4)

 まだ、4輪ですが可愛い花です。アングルは庭の草の中に鉢を置き自然に見える様にとって見ました。如何でしょうか、今日は、朝から茂木さん、山本さん、多河さん、橋本さんの鷺草を見させて頂きました。皆さん夫々良く撮れています。鷺草ってあの白鷺が丁度飛んでいる様です。小さい花ですので、来年は沢山の花を育てて見たいです。でも、茂木さんの鷺草の育て方を見ますとそう簡単にはいかない事が解りました。あと3輪が咲いて、花も枯れ茎も枯れそして根魂を来年の春までどう管理するか等にわか勉強です。皆さん教えて下さい。

P8290279.JPGP8290280.JPGP8280278.JPG

コメント(4)

吉原さん。毎回写真も上手に入れていますね。鷺草は背が高く、風が吹くとすぐ倒れるのでいつも注意が必要ですね。良い場所を見つけるのが難しいと思っていたら草の中に自然に置いてみたアングルもいいものだと思いました。7月八方尾根・栂池に行ったときシラネアオイやキヌガサ草等沢山の美しい高山の花々を見ましたが、双眼鏡が重く携帯しか持って行きませんでした。その時は白馬の「二歩目の一歩」という山小屋に泊まりました。

おはようございます。さぎ草フェスティバル、素晴らしいですね。それぞれ丹精された様子が伺えほほえましいです。今年のさぎ草は背丈も高くなり過ぎず、花の姿もよく、清楚という言葉がぴったりでした。来年の植え替えが今から楽しみになりました。茂木先生に改めて感謝です。なかなか独り立ちできない生徒達ですが、よろしくお願いいたします。

なかなか良いアングルだと思います。自然の中を鷺がヒラリヒラリと飛んでいるようにも見えます。接写よりも自然です。多河さんにもコメントしましたが私の場合、咲き終わったら庭の片隅に鉢ごと浅植えしておきます。水分も適当に補充されているようです。

茂木門下生の鷺草が、あちらこちらで咲き誇っており、群れ飛ぶ様が目に浮かびます。今年の夏の饗宴?競演?共演?協演?もそろそろ最終章に入ってきたようです。それでも皆さんの丹精込めて育てた(?)<私の鉢植えは殆どが茂木さんからの引継ぎで、朝の水遣りと朝日に少し当ててあげるだけの手間でしたが>小さな生物がこれほどの感動を伝えるとは、思いがけない出来事でした。先日の「豊寿会(日野市の老人会)」の会合で「菊苗」の配布がありました。「ポットマム」と「スプレー菊」の各6鉢づつ計12鉢を譲り受けて、5号鉢にそれぞれ植え替えました。腐葉土と赤玉小と黒土と菊用土を買い込み教科書に則っての作業でした。腰の痛みを我慢しながら全ての菊苗を植え込み9月の摘芯(ピンチ)を待っております。葉の数が8枚になることが条件だそうです。心配の種はつきません。
2008.8.30   山本 英次

コメントする

このブログ記事について

このページは、吉原俊雄が2008年8月29日 21:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホ-ムペ-ジでの作品展」です。

次のブログ記事は「8輪そろった鷺草。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12