第6回富士山例会に出席。

| | コメント(1)

天気も良く私の他クラブ例会出席も今回で6回目でした。富士5湖、東京サンライズ両クラブの主催、と甲府21、草津大津クラブのDBC合同例会も兼ねるとの事でした。八王子からは(有海会長、長谷川さん、多河さん、小口さん、吉原)6人の出席でした。今日の場所富士山5合目佐藤小屋までは、富士吉田まで車で迎えに来て頂いた富士5湖クラブの後藤さんの案内で、途中河口湖ショピングセンターベル駐車場に12時に集合、他のメンバーとYMCAのバスに分乗し出発した。私は5合目に登るのも初めてであり下から眺めている富士山に胸を膨らませて、外の景色を見ているうちに佐藤小屋に着いた。一日目(27日,土)は、第一部午後2時30分~4時とゆうことで、例会まではフリーのため、後藤さんの話で茸がりに参加した。子供の頃を思い出して久振りの茸がり、他のメンバーさんとも一緒に楽しく、後で食べれるかどうか選別する話しで、見つけ次第とりました。時間がきたので終了し、各人がとつた茸をあけ小屋の人に選別頂く、すると、食べれるのが少なく残念でした。例会は小池さんの司会で和やかに始まつた。今回は出席クラブが多く紹介もクラブごとに立ちおこなつた。あずさ部11支部のうち10支部が出席、この他、志賀の大津クラブと東京江東クラブからも出席で(50名以上)盛大であつた。会は開会点鐘宮下会長に始まり閉会点鐘まで順調に進行した。宮内あずさ部長の話も2000プロジエクトが中心の話でした。また、主催者として、富士5湖宮下会長、東京サンライズ小山会長、甲府21輿水会長、大津クラブ岡田びわこ部長から挨拶がありました。この後、全員で記念写真撮影があり、次の準備の間望月担当より富士山の話しを聞く。特に世界遺産の話に皆の関心があつた。第2部は午後5時~7時30分、司会は望月さんで先ずバーべキュで始まる。乾杯は甲府クラブ山本会長の音頭でそれは高らかに行なわれた。そして、クラブを越え皆で大いに飲み、バ-べキュを食べ、各クラブの会長、指名者等挨拶が続き、寒い、煙いに関係なく。ますます盛り上がっていつた。途中には二コ二コ用紙と献金のお願いがあり、また、抽選会があり、(我々も何人か当たる)また、昼間の茸の袋に入つた重さ当ての発表がありと盛りだくさんであつた。そして、バーべキュの中締めは次期会長の望月さんの奥さんの喜代子さんであり、最後の締めは皆で花火で賑やかに終わった。ここで、日帰りの人は下山した。第3部は時間の制限がなく、一人、二人といなくなるなかで夜の語らいと満天の星空を見上げながら、楽しく、寒く更けていつた。二日目(28日、日)は希望者の朝5時からの6合目までの御来光に参加した。望月、後藤さんの案内でまだ暗く寒い中を十数人で一歩一歩登り、あたりも明るくなり5時30分過ぎに6合目に辿りつく。初めての富士山そして目の前の頂上、直ぐ近くのようだが望月さんの話だと7時間掛かるとのことでやはり高いと実感した。そして、御来光はもう少し雲がなければめれなのに残念、光が雲のすき間から僅かに見いたしよしとしました。後は写真を沢山撮りました。上から見ると雲のジュタンの様に見え、八ケ岳等の山々が雲の中から頭を出して綺麗で感動をしました。下りは足元に注意をしながら無事に下りた。(約1時間)朝食は8時から歩いたぶんお腹がすき美味しく、ビールで乾杯をした。9時に佐藤小屋を出発とゆうことで、帰り支度をして,待つ。入よいよ下山富士山離れて行き、10時に山中湖畔に着きここからは須藤、望月、榎本さん達の案内で希望者だけの旭ケ丘~平野まで波打ち際を散策して行く。白鳥、カヌー、を見て鯉にいさを与えながら出、12時頃YMCA山中に着く、そして、入浴と美味しい昼食を頂いて、今回の初めての富士山例会も終わった。富士5湖クラブの皆さん色々と有り難うございました。

コメント(1)

吉原様、とても詳しく楽しいご報告ありがとうございました。一つづつそのシーンが目に浮かびました。ご一緒の道中、何度も他クラブの皆さんに「もうあと何日で、八王子クラブの新人ではなくなる・・」とおしゃっていましたが、富士山例会中の社交性は抜群で、新人どころではありませんでした。吉原さんは今回は出席者全員にお名前を覚えられましたね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、吉原俊雄が2008年9月30日 15:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京サンライズ例会に出席。」です。

次のブログ記事は「富士山例会の写真です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12