東京クラブ(東日本区東新部)例会に出席。

| | コメント(2)

11月11日(火)、18.30~20.45、東京YMCA東陽町センターで行われた、11月例会、ユースナイトに出席した。今回は中塚さんと一緒で、他に中大Yの岩下さんと池田さんも参加した。会場では、中塚さんに細川さん、(ユース事業員)松本さん(東経大の先輩を紹介して頂く)。また先日のチャリティーゴルフでお会いした関さんに挨拶をした。

総勢約70名と多くの人の参加であつた。司会は細川さんでスムースに進められた。長澤会長の開会点鐘、に始まり次にワイズソングここでは一同英語で歌う(私は初めてで戸惑う)これも良いと思う。高橋さんの聖書朗読と祈祷(中々厳粛である)長澤会長のゲスト(卓話の正木さん)ビジター(中塚さん、吉原、他大勢)の紹介がありました。

次に、関健二さんの入会式が行われた。式は私のしたのと大筋は同じで沢山の人の見守る中で厳粛に行われた。(八王子のテープによる演奏も良いものだ)。そしてワイズディナーはメネットさん達の用意された沢山の料理をバイキング方式で食べ賑やかに楽しい食事でした。

ハツピーバースデイーは該当者が5人でした。そして、ゲストスピーカーは正木裕香さん(前に東京西クラブで聞きました)東海大学海洋学部、高知大学大学院修士課程を経て、現在、高知大学大学院博士課程に在職してます。今、神奈川県横須賀市のある(独)海洋研究開発機構を研究拠点にしている。専門は地球物理で、海底の地殻熱流量を研究している。主な調査海域は、水曜海山(海底火山、伊豆、小笠原)、沖縄トラフ伊平屋北熱水域(南西諸島)。また、現在中央公論Adagioに海洋サイエンスライターとして連載中と活躍してる。(松本クラブ正木岳馬氏のコメットさんです)。

男の世界にただ一人の女性として参加自分の専門地熱の研究を実際に調査船に乗り行っている様子がパネルに写しだされて興味ぶかかつた。海底を調べてる時に珍しいタコが表れたりして話しが面白かつた。(題名は深海の不思議でした)  次にユースナイトとゆう事で、ユースの各グループによるそれぞれの海外での体験を通じて学んだ事の報告がありました。そして、それぞれの体験でいた事を今後に生かしてゆきたいとの意気込みが、述べられました。(若者らしくてよかつたです)

最後にスマイル、YMCAの歌を一同で、長澤会長の閉会点鐘で終わつた。

コメント(2)

吉原さん、ご報告ありがとうございました。東京クラブは伝統のあるクラブで私も緊張して出席したことを思い出しました。例会の内容も進行の仕方も充実し、しかもスマートなのでとても刺激を受けますね。いろいろなクラブ例会に出席して、よいところは私達のクラブでも取り入れたいものですね。正木コメットの卓話―東京西クラブでお聞きしたときは私も感激しました。

吉原さん
東京クラブ例会参加報告、読ませていただきました。入会式とは言え70名の参加者の例会は立派ですね。読んでいるだけで迫力が伝わってきます。例会や入会式の進行方法が各クラブともそれぞれ特徴があり、その良い面を八王子クラブ例会の参考にされると良いと思います。次期会長として物怖じせず、どんどん他クラブを訪問される吉原さんの真摯な姿勢に脱帽します。

コメントする

このブログ記事について

このページは、吉原俊雄が2008年11月12日 21:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ファミリーフェスティバルに93名!」です。

次のブログ記事は「中塚さんからの中大学Y生報告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12