中大白門祭、中大学Y、展示ブース、出店等見学。

| | コメント(3)

PB010239.JPG11月1日(土)、秋晴れで爽やかな1日を中大白門祭等見学に、我が八王子クラブの有海会長、茂木副会長、久保田さん、調さん、長谷川さん、中塚さん、橋本さん、吉原の8名で出掛けました。私は初めてでしたが、他の方達は、毎年来ている。今日は学生の祭り、今あちこちで学園祭が行われている。人人と若さで溢れており、出店の学生に色々な物をすすめられて前に進むのも一苦労で、目的の場所まで中々辿りつかなかった。

案内はモノレールの中大駅より学生の平井愛美さんにより、中塚さん、茂木さん、調、私で行く。国際ボランテアの表示の所を入ると、中では、もう有海さん、橋本さん、久保田さん、長谷川さんが待つていた。中には、写真、バック等の展示物(販売もしていた)もあり、壁には色々な飾りつけもあつた。

先ず、皆でカレーとナン、コーヒー等を注文して食べた。(味はままだが量が少ない。価格は500円)。次に学生の永見知世さんのアジアユース(日本から各大学生6名参加)に参加の時の様子を写真を使いながら、話があつた。若者の集まりであり写真からも、歌あり、踊りあり、色々と出しあい、楽しんでる様子が解つた。この後、学生出店のバーへ行き、ビール、ワイン、を飲む(コップ1杯250円高い)また、梯子して今度は、カクテル、ウエスキーを皆で飲み、まだお腹が空いていたがここでお開きになり帰った。(写真は中大生Y達と八王子クラブの皆さんです)

コメント(3)

昨日は雲ひとつない素晴らしい学園祭日和でした。モノレールの駅にはグリーンのTシャツ姿も若々しい大隈さんが出迎えて下さり、後から見える方を残し私達はひと足先に、屋台と呼び込みの中をかき分けて会場へと向いました。奥まったところの7号館に入りエレベーターに乗ってやっと着きましたが、しばらくすると女子高校生の二人連れも訪れ、「こんな遠くにあるのに」と私達も嬉しくなりました。発表はプロジェクターを使って、タイのハッピーホームやパヤオセンターでの子ども達との交流の様子が生き生きと語られました。インドの民族衣装を着けた学Yの鈴木さんたちがカレーとコーヒーを運んで下さり、会場はますますホットな雰囲気になりました。学Yひつじ雲の先輩の方ともしばし歓談いたしました。皆さん、ありがとう。素晴らしい学園祭でした。

長谷川さんの報告後
ひつじ雲の発表と辛いカレ-を堪能したあと、私たちは茂木メンの後について学生が経営する7号館4階にある酒通りに赴きました。受付で営業店のチラシを貰い、4軒ほどの店を覗くと、どの店も薄暗い雰囲気で、ここの一角は学園祭の喧騒を忘れさせるようなとてもよい雰囲気でした。茂木さんは最初からカクテルの店へ突入、残りの5人はビ-ルで喉をうるおしましたが、コップ一杯、250円のビ-ルに高すぎる!などと文句を言いながら、”まぁ-しょうがねえや、学生だから”なんて自分を慰めながら、茂木さんの待つカクテルの店に行きました。薄暗い雰囲気のカウンタ-の奥には8人の学生が白シャツ、蝶ネクタイ、黒のチョッキに身を包みシェ-カ-を巧みに振っていました。なんと50年も続いているカクテル同好会だそうです。あまり気分が良いので私はマティ-ニ-とラブィアンロ-ズを頂いてしまいました。隣に座るあやこさんも茂木さんの薦めるカクテルにはまったようで頬を染めていました。楽しい一日でした。

学園祭の吉原さんの写真を眺めていましたら、この仲の良さの雰囲気、絶対に他クラブでは見られない写真だと思いました。ワイズメンと学Y生のみごとに融合した雰囲気、親子のようでもあり、八王子クラブメンバーが一段と若く見えます。私は今回に限って他の用事で参加できず残念でしたが、想像がいくらでも広がりました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、吉原俊雄が2008年11月 1日 20:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第11回埼玉YMCAチャリティゴルフ大会に参加。」です。

次のブログ記事は「ファミリーフェスティバルに93名!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12