東京サンライズクラブ2月の例会に出席。

| | コメント(1)

P2120048.JPG P2120049.JPG P2120052.JPG2月12日(木)、東京YMCA山手センターで19時から行われた.出席者は全部で24名、当クラブからは久保田さん、長谷川さん、中塚さん、吉原の4人であつた。司会菰渕さんで、小山会長の開会点鐘で始まる。次に一同によるワイズソングとワイズの信条を行う。会長挨拶に続いてゲスト.ビジター、サンライズの皆さんの紹介があつた。部長公式訪問で宮内あずさ部長の挨拶。残り5ヶ月を今までやつて来た事と、バランスを失わないようにやりますとの事でした。一同によるテイスティングタイムに移り、美味しいワインとパン、チーズを頂く。この間報告、連絡事項、YMCAの報告が担当主事からあつた。また、にこにこでは皆が1分間スピーチで全員に回つた。そして、今日のゲストスピ-チは熊田忠雄さん「そこに日本人がいた:海を渡ったご先祖様たち」とのタイトルの話しだつた。(熊田さんの紹介は原さんの奥さんで高校の同級生との事でした.1948年福島生まれ、早稲田商学部卒後、1970年、ニツポン放送入社、報道部記者、部長、総務局長、編成局長、取締役を経て、2005年退社。記者時代の取材および趣味で、世界十カ国を回つた。)

熊田さんの海外に雄飛した最初の日本人に興味をもつたのは仕事での取材とか個人の旅行で世界各地へ出掛けるようになつた時で,ポルトガルのロカ岬に立つて目の前に広がる大西洋を見た時に、またあちこち出掛けその場所に立つた時いつも自分の立つている地に日本人として最初に来たのはいつ頃でどんな人だつたかに興味を持ち始めて、いろいろと調べて行くうちに多くの日本人がいた事がわかつたとの話しで、本を書かれたようだ。とにかく歴史を勉強してるようで聞くほうも時代の人物名、年代、目的等話しが盛りだくさんで興味が付きない話でした。会長の閉会点鐘で終わり、近くの伊丹亭で9時過ぎより和やかに飲み、食べ、11時近くで終つた。

コメント(1)

吉原さん、ご報告ありがとうございました。熊田さんの卓話の内容もさることながら、年号も人名も原稿に目を落とすことなくよどみなくお話になるその話術にも驚かされました。本も早速読んでおりますが、ジャーナリストらしい歯切れのよい文章です。八王子にもいらして下さるとよいですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、吉原俊雄が2009年2月14日 00:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ギャラリ-やまもと」です。

次のブログ記事は「八王子第一メネット.TOF例会の写真です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12