ギャラリ-やまもと

| | コメント(2)
冬の動物園は、寂しいものです。売り物のオランウータンの綱渡りは、寒い間の3月まではお休みで、孫達がガッカリしておりました。ライオンバスも寝起きの雌ライオンが、やっと動きを見せておりました。放し飼いの孔雀が、時折羽を広げて観客の歓声を浴びておりました。ペリカンが元気でした。
いずれも、多摩動物園にて。 kirin.JPG kujiyaku.JPG pperikan.JPG山本 英次

コメント(2)

写真の添付が上手くいきません。左、中央、右と指示していますがご覧の通りです。何方かアドバイスお願いします。

橋本さん、写真の位置、面白くていいですよ。山本さんはきれいに動きが撮れるものですね。多摩動物園は、その昔、八王子クラブの皆さんと一緒に行きましたね。私はあれ以来しばらく行っていません。クラブの卓話者に、この動物園でボランティアガイドをされている、東京コスモスの河合さんをお呼びするときに、その前の週に奈良さんの呼びかけで多摩動物園めぐりをしましたね。私は、チンパンジーの囲いの中の群れが思い出されます。夕方の暮れなずむ頃になると音楽がなり、何匹かが、高い棒に登って西の空の夕日を眺めるという、お話しを聞いていましたので、多摩動物園のチンパンジーは大好きです。その日はそういう光景は見れませんでした。山本さん、再度行かれて、夕刻に見てあげて下さい。

コメントする

このブログ記事について

このページは、橋本秀昌が2009年2月12日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京タンポポYサービスクラブ例会に出席。」です。

次のブログ記事は「東京サンライズクラブ2月の例会に出席。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12