東京山手クラブ4月例会に出席。

| | コメント(0)

P4210291.JPG P4210293.JPG P4210299.JPG P4210301.JPG P4210304.JPG P4210305.JPG4月21日(火)18:30~20:30、山手センター101号室で行われた。出席は東京武蔵野多摩クラブ、宮内部長、東京目黒クラブ、福島さん、八王子クラブ、吉原初め19名の出席でした。司会は次期会長の中村さんが行う。今日は先ず入会式があり、金本伸二郎さん(55才)が入会した。写真はその時の一連のものです。立会いは宮内部長が行つた。入会は良いことだ。金本氏は入間より高田馬場まで通う話しだ。趣味はフルートを習われてるとかです。これで22名の模様だ。続いて今日の卓話に移った。ここのメンバーで次期書記増野 肇さんで「ロシアでのソシオドラマ」と題して話された。先生は医者です。モスクワでのソシオドラマ「森田療法」上演までの話しをされた.内容は少し難しいものでしたが、それは、1989年のアムステルダムで始まつた。日本の高齢者のソシオドラマと「森田とモレノ」、授業中にフランス人から電話が国際森田療法学会の発足、バンクーバーでの国際森田療法学会ソシオドラマ[森田療法の誕生」、次次期会長ナターリア.セミノバァ、モスクワ訪問の企画森田療法理解のためにしかし、問題は多発、会場はかのマールイ劇場の近く歴史の刻まれた石畳の街、、ドラマ「森田療法」の上演森田療法の誕生とその實際、チュード、「赤の広場」散策でスターリンとレーニンと記念撮影(似た人)地下鉄駅は美術館のようで綺麗椅子は硬くつり革がない。10℃のサンクトペテルブルクではエカテリーナ宮殿、エルミタージュ美術館からアレクサンドル.ネフスキー修道院まで、ラスコーリ二コフの亡霊の呪い。この療法は人間は良いものをもつそれを伸ばす、直そうとするから直らない直す事を辞めるととゆうような考えでした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、吉原俊雄が2009年4月22日 01:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「桃源郷を走る」です。

次のブログ記事は「東京サンライズクラブ設立20周年記念会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12