第13回あずさ部会(09・10・17)

| | コメント(1)

今回は富士河口湖町西湖民宿村公民館で開催、各クラブのフラッグセレモニーから始まりました。ホストクラブの駒田さんの歓迎挨拶は森林を歩いた癒し効果は約一か月位持続する、自然と共にある部会を強調されました。2000P委員は現在19名ですが今回甲府の石原さん八王子の並木さん久保田さん津田さん橋本さんの5名が増員され、委嘱状が渡されました。八王子にYMCAを作ろう、支えるもう一つのクラブ設立を目指そう!と。更に眞野委員長は長野諏訪地区に知り合いがあったら委員に知らせて、との事です。富士山レンジャー・富士五湖クラブ会員の三浦さゆりさんが「富士山と樹海の神秘」の題で講話をされ、青木が原樹海の成り立ち、樹海の問題等を話されました。自然保護と富士山を守るマナーの指導をする富士山レンジャーは約10倍の競争率だそうです。貴重な存在ですね。4枚の画像は茂木さんが撮ってくれたものです。

コメント(1)

多河さんあずさ部会の報告有難う。茂木さん写真も良く撮れてます。部会も新しく出来たフラッグを各クラブの会長さんが紹介して壇上に飾る。式も甲府21の中島さんの司会で始まり、駒田さんの挨拶等、富士五湖クラブさんの東日本区大会アピールを参加の人
と元気に行う。また横浜国際大会のアピールもクイズ形式で選ばれた人の答えの中から
会場の人が当てる事で行う。当たった人に賞品がある。また富士山の樹海について、三浦さんからの話があった。食事の後、Aコース紅葉台ハイキング、Bコース樹海散策にわかれ出かけた。途中から雨になったが行動をして無事終わる。

コメントする