橋本秀昌: 2009年1月アーカイブ

7000キロ達成

| | コメント(2)

昨年2月27日から始めたロ-ドサイクリングですが丸一年目の一昨日2/27に積算距離が7000キロに達成しました。実際の乗車日数は262日ですので一日平均26.7キロを走った計算になります。7000キロとは東京からどのあたりまで走ったのでしょうか。一年365日の7割以上の日々を毎朝6時過ぎから1時間半かけて走りました。アホかいなと思われそうですが、我がメネットは60歳後半のギネスブックに載らないかしらと褒めてくれます。つぎは8000キロを目指します。 achievement7000.JPG

一月第一例会報告

| | コメント(3)
24日(土曜日)午後6時30分より北野事務所2階大会議室で開催されました。例年1月例会はオ-クション例会専用となっていますが今年は3月14日開催の第12回チャリティ-コンサ-トの目的として、従来の地雷廃絶に加えてクラスタ-爆弾撲滅を追加した事により、先ずはメンバ-自身の勉強も必要であろうとの事で1月、2月と続けてクラスタ-爆弾についての卓話をお願いする事になりました。卓話者は真野メンの紹介で清水俊弘氏(日本国際ボランティアセンタ-所長)にお願いしました。JCBL発行のパンフを配っていただいての1時間にわたるとても詳しいクラスタ-爆弾についての説明がありました(詳細は2月号ブリテンに多河班員が記述されます)。続いて8時よりオ-クションが始まり、メンバ-各位が持参された品々を津田メンの巧妙なアドリブ入りの司会で次々競り落とされ貴重なクラブファンドとなりました。ファンド委員長の長田さんからは例年の如く、沢山の品物の提供を受けまして、感謝申し上げます。二つのイヴェントを抱えての例会でしたが山本メンの巧みな時間配分でみごとに時間内に終了することが出来ました。ビジタ-5人をお迎えし総勢30名の賑やかな例会でしたがビジタ-のお一人、前メンバ-の並木信一さんの久しぶりの参加はクラブ全員に嬉しいプレゼントになりました(担 simizu.JPG chan.JPG当班長)。

在京新年会写真

| | コメント(1)
東京グリ-ンクラブの布上征一郎さんからメールで届きましたのでご紹介します。 kon1.JPG kon2.JPG kon3.JPG kon4.JPG

ギャラリ-やまもと

| | コメント(4)
1月3日 大学箱根駅伝の復路鶴見中継所で、最終10区へのタスキが渡されています。1位東洋、2位早稲田、3位日体の順で通貨してますが、来年のシード権も国士舘、駒沢、帝京が争い、青山が20位で時間内タスキを渡す事が出来ました。
 
今日の晴天を逃すまいと、朝4時に中央道を走り河口湖に5時半到着。河口湖大橋を渡り、うかいオルゴール館の先の撮影ポイントでカメラを構えたときには既に薄明るくなっており、湖面に映る日の出前の富士山を一枚。
次に昇る旭日の頂上付近が赤く染まってきたところを1枚。
湖畔の温度は、-3℃で高尾山より暖かく感じられる。
空の明るさを増すと共に、人懐こい渡り鳥が近づいてきたところを1枚。
初夢に富士山を見ていただく為の一助になればと送りました。
2009.1.3
山本 英次 kohann.JPG asahitohuji.JPG hujihinodemae.JPG

ギヤラリ-やまもと

| | コメント(0)
平成21年1月1日を皆様お元気でお迎えのことと存じます。
ミシュラン三ツ星の高尾山に行って参りました。
早朝4時にキリリと引き締まった空気を切り開き、イザ!高尾ケーブル駅にて40分待ちの行列。山頂に着いた時には、撮影ポイントは人・人・人と立錐の余地無しの状況でした。崖の上に三脚を建て、待つ事一時間、7時10分過ぎに東の空から真っ赤な太陽のお出ましです。一斉に拍手が沸きあがり、祈りを込めてシャッターを押し続けました。太陽から真直ぐに立ち上がる光が、今年の日本の躍進を約束している様です。
 
2枚目は、初日をバックに玲子の遺影を胸にして、記念撮影といたしました。
 
3枚目は、昨年から始めている「高尾健康登山」の朱印を平成21年1月1日の記念に押印してから、1号路を徒歩にて下山してまいりました。
 
世界恐慌を乗り越えて、明るい日本の構築に全力を挙げて取り組みましょう。
皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。
2009.1.1
山本 英次
  takaokennkou.JPG takaonite.JPG takaonohatuhi.JPG

このアーカイブについて

このページには、橋本秀昌2009年1月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブは橋本秀昌: 2008年12月です。

次のアーカイブは橋本秀昌: 2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12