長谷川あや子: 2008年12月アーカイブ

12月6日、国立商協ビルさくらホールで西東京センターのファミリークリスマスが開かれました。第一部はクリスマス礼拝で、三鷹バプテスト教会の秋山献一牧師よりメッセージ「神さまのこどもイエス」というお話を伺いました。どういう内容かなと思いましたら、まずドラエモンに出てくる「ジャイアン」の似顔絵があらわれました。「ジャイアンはどうしてジャイアンっていうのかな?」先生の問いかけにこどもも大人も手を挙げました。「大きいから」「強いから」なるほど、なるほど。でも正解は妹のジャイ子のお兄さんだから"ジャイアン"っていうんですって。皆さん、知ってました?私達は必ず誰かにつながっているのですね。もし一人ぼっちの気持ちになっても、○○の子、□□の友達、そして必ず神さまにつながっています。とてもホットな気持ちになりました。第二部のクリスマス祝会では幼児野外活動グループ『にこにこ』の子どもたちによる「あわてんぼうのサンタさん」の合唱。本当に可愛くて、心が洗われました。リーダー有志によるクリスマスソングメドレーや東京武蔵野多摩クラブのみなさんの恒例のトーンチャイムの演奏もあり、楽しいひとときでした。八王子クラブからの参加者は小口さん、辻さん、津田さん、長谷川の4名でした。

このアーカイブについて

このページには、長谷川あや子2008年12月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブは長谷川あや子: 2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12