多河敏子: 2010年9月アーカイブ

国際大会でのユース.jpg

9・11日の第一例会卓話は「国際ユースコンボケーション2010に参加して」と題してのお二人からの報告の卓話でした。国際大会でも参加国のユースの皆さんが壇上に立ち、代表の方が、報告をされました。日本代表の方が、今回の報告のように「打ち水」をする事をテーマにされました。日本の昔からの習慣ですが、今打ち水をされている家はどれだけあるのでしょうか。下町の森下町に行った時、軒下に朝顔の鉢が並び打ち水をしている家がそこここに見られました。ユースの皆さんは打ち水の体験もされたそうです。良いアイデアだと感心して聞きました。このアイデアを打ち出したユースの皆さんがどれだけ実践されるか、広めることが出来るか、大いに期待したいところです。国際大会での報告を聞いた時もそう思ったことでした。

町中を皆で踊る.jpg
老いも若きも誰でもどうぞ.jpg
三味線と歌.jpg

個人的なことで失礼します。国の重要無形文化財である郡上おどりは3カ月にわたって、行われますが最終日の9月4日踊り納めの日に、18年間毎年通い続けた友人の誘いで参加しました。郡上藩宝暦騒動(郡上百姓一揆)で知られています。百姓一揆が原因で幕閣・藩主が免職や改易になったのは、江戸時代でこの事件だけだそうです。武士階級への判決は厳しいものでしたが、農民に対する判決は、それ以上に厳しいものだったとの事です。死刑の判決を受けた農民や拷問と寒さで牢死した人たちの霊を慰めるために始まった踊りだとのことです。どこか踊りに惹きつけられるものがありました。「亡き人の名を書き供養の列に並ぶ郡上八幡39度の夏に」

ノルウエイにどうぞ!.jpg

遅くなりましたが、今年の感謝会は橋本C班班長さんのご尽力で、北野駅北口のファインで持たれました。私の撮影の失敗でうまく撮れなかった為に、吉原直前会長さんの写真をブリテンに並んで入れられなかった事を反省しています。食事もとてもヘルシーで美味しかったですし、楽しいひと時でした。当日の出席者は(敬称略)有海・大久保・大久保メネ・小口・久保田・久保田メネ・酢屋・多河・辻・辻メネ・中塚・橋本・橋本メネ・長谷川・福田・松本(淑)・松本(大)・眞野・茂木・山本・吉原・長田・調・林田の24名の皆さんでした。辻メネットのアコーディオンの伴奏で楽しい歌合戦で過ごしました。

眞野さんロシアからの人と.jpg
台湾から.jpg
ケニヤからキャロルさん.jpg
インドから.jpg
デンマークのクリステンセンさんジェンズさん
オーストラリヤのクリスさん
猛暑続きですね。しばらくお休みしていました。色々な国からの参加者でしたが少しですが載せさせてもらいます。