ワイズライフの最近のブログ記事

クリアンさん夫妻2011・8・24.jpg8月24日にBF代表の方をあずさ部で歓迎、高尾山へご案内した時の写真です。多河さんからこのホームページへの写真投稿が不具合とのことで、代わってアップいたしました。ご夫人はリフトがお嫌いで帰りもケーブルカーを乗られたそうです。薬王院での精進料理を楽しまれ、インドのクラブのお話をされたそうです。谷治さん、宮内さん、酢屋さん、菰渕さん、久保田さん、諏訪さん、多河さんが参加されました。詳しくはブリテン9月号に。
東京八王子クラブ主催の第14回チャリティーコンサートについて、昨日3月2日に八王子テレメディアでの 110302_2152~02.jpg収録があり、コンサート実行委員長の茂木さんとテレビ初体験をしました。番組は、「はちっこカフェ」という八王子市内で活躍する団体のイベントの紹介番組です。6分間のキャスターによるインタビューのスタイルでした。最初のインタービューで、茂木さんが八王子クラブの現在の活動内容を、続いての質問で私が、今回の14回目のチャリティーコンサートの具体的な出演者のことなどを、話しました。一度だけのリハーサルがありましたが、落ち着いていた茂木さんとは違って、私は始終ドキドキでしたが、女性キャスターがとてもかわいい方で区切り区切りで微笑みかけて下さり幾分リラックス出来ました。番組の放映は1日だけでしたが、
5日(土)のJR八王子駅前での地雷廃絶キャンペーンの街頭募金と合わせて、効果があればと思いました。写真は、久保田さんがご自宅のテレビから写真を撮って下さいました。毎年、このテレメディアへの出演はメンバーが交替でしておりますが、今回のようなインタビュー形式は初めてで久保田さんのご尽力によるものでした。

第8回富士山例会

| | コメント(0)

 第8回富士山例会が9月25~26日富士山5合目の佐藤小屋で行われました。第1回は2003年でしたがそれから毎年途切れることなく続いたはひとえに富士五湖クラブの献身的なお働きと東京サンライズクラブの絶大なる協力の賜物だと思います。私達はいつも参加するだけで楽しませて頂いています。今年の富士山は今までで一番寒く、一番晴れ上がりました。午後3時、佐藤小屋の寒暖計は7℃です。ぐんぐん下がりバーベキューの頃は4℃で風も強くなってきました。それでも外で飲んだり食べたり...大いなる食欲ですね。花火、焚き火、チョコレートマシュマロ。翌朝のご来光ツアーはほとんどの人が参加しました。6合目から仰いだ眺めは素晴らしいものでした。八王子クラブからの参加者は山本会長、久保田夫妻、長谷川の4名でした。

 

 9月23日、大雨の中でしたが、東京YMCAインターナショナル・チャリティランが代々木公園で行われました。天気予報通り、雨足が強くなったり弱くなったりの中、11時半開会式、12時から競技が開始されました。会場では西東京センターの井口さんやミー、シュガー、ナスカ、コウザ(荒居さん)にもお会いしました。西東京センター、東京武蔵野多摩クラブ、東京八王子クラブで1チーム、エントリーしましたが、生徒さんと伴走者が一生懸命走りました。コスチュームに凝るチームもあり、仮面ライダー、婦警さんと囚人、ホテル専門学校の学生さんたちは優雅なホテマンルの姿で楽しませてくれました。屋台も出て、特に東京サンライズクラブの水餃子はとても美味しく、冷えた体を温めてくれました。今年は八王子クラブからは私一人で寂しかったのですが来年は是非皆で参加しましょう。

あずさ夢街道あるき 番外編

| | コメント(2)

 秋風を感じるようになった9月19日、長野クラブのチャーターを記念してあずさ夢街道あるき番外編が小山部長の肝いりで行われました。JR篠ノ井線「姨捨駅」に集合し、まず眼下に広がる善光寺平の眺望を楽しみました。広々として気持ちのよいこと!景色をカメラに収めた後、姨捨の四十八枚田の見物。黄金色に輝く稲穂の美しいことこの上なし。手入れの行き届いた棚田と風に揺れるコスモスの間を抜けて目指すは長楽寺。松尾芭蕉を始め多くの文人歌人が訪れた月の名所です。地元のボランティアの方のお話を伺い、一同感心することしきり。実はほとんどの人が「姨捨」を棄老伝説と思い込んでいたのですが、姨は伯母さまの意味であり、傷心の伯母が澄んだ月を見て身を捨てたという伝説からきたものでした。美味しいおそばを食べた後、千曲市の旧い宿場町から稲荷山駅まで約8キロを歩きました。参加は甲府、山手、武蔵野多摩、松本、サンライズ、甲府21、八王子、長野クラブから計19名。八王子クラブは山本さん、久保田さん、酢屋さん、小口さん、長谷川の5名でした。

 

梅雨の晴れ間のいいお天気でした。7月4日(土)甲府21クラブのメネットさん主催の3クラブメネット会に、わが八王子クラブはメンの参加者の方が多いくらいでした。(クラブからは、眞野みつ子さん、久保田佐和子さん、辻久子さん、メンは松本淑子さん、調さん、多河さん、長谷川さん、小口の8名)甲府駅から貸切バスで国道141号線を走り、甲斐大泉の別荘地の中にある、1軒のお宅、まるで外国といった風の緑に囲まれた素適な邸宅でお料理教室と昼食。お料理は、穀物野菜だけの料理。その解説を聞きながら、生理学的、自然法則の秩序に従った正しい食事の生活の話はとても興味深いものでした。実行出来たらすごい長寿になること間違いなしでしょう。沢山の料理を味わって、またバスに乗り、次は、小淵沢にある「八ヶ岳薬用植物園」に行きました。ここでは、甲府21の今度の新会長さんの清藤メンの解説を聞きながら、園内のハーブや薬草の林の中をゆっくり散策しました。春まで、ここの職員であられ、退職後すぐに新会長になられたそうです。八ヶ岳のふもとにこんないい所があったのですね。写真を添付します。

IMG_0114.JPG IMG_0117.JPG4月25日(土)サンライズクラブ設立20周年記念会が霞ヶ関ビル33Fで行われました。東日本区だけでなくIBCクラブの台北ユニオンクラブ、DBCクラブの東広島、そしてこの日に締結式が行われた京都プリンスクラブのみなさん、大勢の方がお祝いに駆けつけました。総勢150人です。子クラブである八王子クラブからは15名の出席でした。サンライズのチャーターメンバーである奈良さんも京都からいらっしゃり、私達も嬉しい再会でした。記念講演は山浦玄嗣先生の「聖書のケセン語訳から見えてきたこと:永遠の命とは?」でした。「私にとってイエスは気仙大工の仲間、ヨハネやペトロは気仙の浜人...」数年前の仙台の東日本区大会でお聞きしたお声です。グイグイ引き込まれました。サンライズ20年の歩みは映像を駆使した楽しいものでした。又、祝辞では宮内あずさ部長がなんとポルトガル語でなさり、かっこよかったです。京都プリンスクラブとの締結式は東西両理事、交流の事業主任、主査も立ち会われましたが、ユーモアもありサンライズとプリンスらしい爽やかなものでした。食事は丸テーブルで他クラブの方とご一緒に、それも楽しいものでした。閉会のご挨拶は実行委員長の原さんが英語でなさり和気藹々の素晴らしい記念祝会でした。(出席:有海・久保田・小口・調・多河・辻・辻メネ・中塚・橋本・橋本メネ・松本淑・眞野・眞野メネ・吉原)

高尾登山に参加。

| | コメント(1)

PC080036.JPG12月8日(月)天気も良く穏かな高尾ハイキングでした。今回は総勢9人の参加で、特に、山本さんが奥様の写真と一緒に登られ非常に感動的でした。でも元気に登られ一同安心致しました。紅葉はもう盛りが過ぎたようで、木々の葉が足元に舞い落ちて歩くたびにかさかさと音をたてまさに師走の感じでした。木村名カメラマンがあちこちでシャツターをきられ、山本さんも奥様の写真と一緒に思い出にひたつておられるのが、印象的でした。そうゆう私は今回はカゼぎみで体調が悪く最後からやつと付いて行きました。紅葉台でのナメコ汁でのおにぎりを皆で食べる内に少しは元気が出て、いつもの所でソバ焼酎を飲んでからは大分話が出来て助かりました。

年内最後の高尾登山来年も皆さん元気に登りましょう。私も丁度1年が過ぎ17回目の登山で後4回で1冊が終ります。目標に向い頑張ります。一緒に今年登られた皆さん来年も宜しくお願い致します。

11月3日、高尾わくわくビレッジで西東京センターのサマープログラム想い出会、ファミリーフェスティバルが開かれました。今年5回目を迎えました。高尾で行われるのは3回目です。今年は嬉しいことに山本さんのご長男晃一さんとお嬢さんのゆずきちゃん、つかさちゃんが参加して下さいました。シュガーこと佐藤さんが今回の担当で、スタッフのほか15名のリーダー達が一生懸命準備して下さいました。オリエンテーリングでは「盗まれた呪文をさがせ」11のグループに分かれ難問を解決しながら呪文を探しました。リーダーを追いかけたり、どんぐりを拾ったり・・・1時間くらい広場を駆け巡りました。そしてチョイスプログラムではアウトドアクッキングを選んだ人は炊事場に行き、リーダーが材料を用意してくれたスコーン作りとりんごジャム作りに挑戦しました。大人も子どもも一緒になって楽しみましたがお味も上々、みんな上手にできました。クラフトはつるじんの指導のもと、世界にただひとつのものを作りました。その後4時20分から恒例のキャンプファイヤーがはじまりました。本当に楽しい一日でした。

10月27日(月)秋晴れの元、チャリティ精神にのつとりゴルフに参加して見ました。前田さん(山手クラブ)、御園生さん、(東京たんぽぽ)関さん(11月に東京クラブ入会予定)、と私の4人で、8時1分インコースからスタートしました。(総勢129名でイン、アウト貸切り同時S)場所は入間郡越生町の入間カントリー倶楽部、このコースは距離はそう長くないがアツプダウンが厳しく、綺麗で難しいコースだった。

同じワイズ仲間で、仲良く、楽しく、プレイーし、前半のショートホールではワンオンしないと、1.000円を寄付した。(4人誰も乗らずで)平らな所が少なくボールコントロールが難しくスコアーが纏まらない内に、終わる。(10.30分)昼食は楽しく反省をして後半に期待をして過ごした。

アウトは11時16分スタート、今度は広いドライバーを思いきり振る、身体もほぐれれてくる。皆の気心も解りお喋りも出る。人数が多いせいか、チャリティなのか、朝早く眠いし、今一つ集中出来ず。スコアーも前半より悪く、雨がぱらつき始め、4人とも足取りも重く終わった。(14時近く)

16時からパーティーが始まる。大会実行委員長持田二郎様、埼玉YMCA総主事葉原道子様達等の挨拶に引き続き表彰式に入る。優勝はグロス88ハンディ20.4の67.6. 準優勝はグロス104ハンディ33.6の70.4. 3位はグロス79ハンディ8.4の70.6であり、ベスグロは何と74であつた。(私ははずかしながらグロス109、ハンディ25.2の83.8で100位の飛び賞に近くの98位でした。残念

そして、今回の目玉商品は実行委員長賞の「グアム島ペア宿泊券」のジャンケン大会を行い、東京西クラブの大野会長が見事勝ち取りました。本日のチャリティlのお金は550,000円集まる。最後にこのお金は、4人の地元福祉関係の人達に渡され、夫々の方の挨拶があり無地終わった。

                  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちワイズライフカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアジア大会・国際大会です。

次のカテゴリは例会・第二例会です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12